人工透析の患者様の海外透析手配をサポートします。JCMジャパンシネモービル

海外透析について

お客様の声

お客様に快適な旅行を楽しんでいただくために、現場でお聞かせ頂いた患者さんの声をツアーに生かせるよう心がけています。

  • 東京都在住のお客様

    透析が必要であっても、旅の楽しみを諦めない気持ちを持つことが大切だと思います。ただ、透析者にとって海外旅行はハードルが高く、なかなか一歩を踏み出せませんでした。そんなときに、海外透析手配を専門とする御社を見つけました。

    提出する書類が多かったので、集めるのに苦労しましたが、御社のおかげで透析予約が無事にできました。やはり専門の旅行会社さんに依頼してよかったです。

    今回は、孫の顔が見たくて、娘家族が住むサンフランシスコ近郊都市への旅行を計画し、その都市にある透析施設で透析治療を受けました。

    担当看護師さんが何でも上手な方で、液温が冷たかったので温度を上げてもらうなどの配慮もしていただき、安心して透析を受けることができました。

    今回の渡航では、娘婿に通訳をしていただきましたが、英語ができないと困る場面があるかもしれませんので、通訳を手配した方がいいでしょう。

    (2019.7.5)

  • 東京都在住のお客様

    今回透析導入後2回目のアメリカ旅行でシアトルに参りました。

    日本との違いは除水量、血流量は毎回自己申告です。使用している針は金属の短い針のため肘下に穿刺する場合、腕を曲げないよう注意が必要です。

    スタッフは日本に興味のある方が多く丁寧に対応していただけました。通院したクリニックはシアトル、ダウンタウンの観光目的の方には少し遠いのであまりお薦めできません。

    次回の旅行先はまだ決まっていませんが、またお願い出来ればと思います。

    いろいろとお世話になり有難うございました。

    (2019.6.28)

  • 東京都在住のお客様
    (弊社執筆)

    今回ウイーンに渡航されたお客様には、市内を代表する大きな総合病院での 透析治療をご案内いたしました。

    しかし、弊社がご案内した費用と異なる金額を請求されたと現地よりご報告を受けました。

    弊社は、直ちに現地受け入れ担当者に連絡を取り、費用に含まれるべき初診料が案内されていなかったこと、透析費用も誤って案内されたことが判明致しました。

    お客様には当初より案内を受けた治療費用のみをお支払い頂きました。

    今回の治療費用に関するトラブルでは大規模総合病院と透析専門クリニックでは、治療費用に大きな差があることが判りました。

    手配トラブルはあってはならない事ですが、今回、お客様にご協力を頂きトラブル対応を行った事例としてご報告いたします。

    ご迷惑をお掛けしたお客様には、心よりお詫び申しあげます。

    (2019.5.31)

  • 東京都在住のお客様

    5泊7日の日程でシンガポールに行ってまいりました。

    アメリカで透析を受けた時と比較して、日本人の対応慣れをしているのか、きちんと見てくれているという安心感がありました。また、看護師さんも対応に慣れていて、諸々スムーズに行きました。

    しかし、シンガポールの病院は、日本の病院とは違い、かなり寒いです。今回はブランケットを3枚、また足の吊りを軽減させるために、湯たんぽ代わりにお湯を入れた袋を足に置いていただきました。病院の空調の都合上、温度調節は難しいかと思われますので、ホッカイロを持参したらよいでしょう。

    (2019.5.9)

  • 静岡県在住のお客様

    昨年9月に続き今年は2月に4泊5日の行程で台湾へ仲間3名と観光旅行に出掛けました。台北を起点とし、台中へ1泊2日旅行にも参りました。

    台北では、華康クリニックにて昨年に続いて2回目の透析治療をしました。このクリニックは今年4年目を迎え、院内は新しく、個室の広さとビル9階からの台北市内の眺めは格別です。
    滞在したホテルには、クリニックより日本語を話すスタッフが無料送迎してくれます。院内には日本語対応できるスタッフが1名おり、透析治療スタート時に日本語で説明案内を受けます。

    日本と同じような環境で治療が受けられるので、初めて海外で透析治療を受ける方にもお薦めです。

    (2019.4.8)

ページのトップへ▲

海外透析「ご予約・ご相談・お問い合わせ」窓口